ゲイバーの意義

AshuraBar gay bar in tokyo

AshuraBarはゲイバーが初めての人でも安心して飲めるバーです
カラオケ無料!ショットは一杯900円から(ノーチャージ)

新宿二丁目と上野に二店舗御座います
お客様は30代、40代を中心に20代、50代以上の方もいらっしゃいます
カラオケが自慢のお店です
新宿二丁目はジョイサウンドマックス、上野はライブダムスタジアムを完備してます

 

【新宿店】

東京都新宿区新宿2-15-13 ナカエビルⅢ 402号
03-5341-4587

【上野店】

東京都台東区上野7-10-5 シャトウ上野ビル 203号
03-6231-6623

※各店舗ごとの営業時間、スタッフのスケジュールはTwitterでご確認くださいませ。
ツイッターアカウント @ashurabar

プレスリリース

上野店

■新人りょうた君が金曜日に入ります
■新人かず君が金曜日に入ります
■新人えいじさんが土曜日朝に入ります
■新人しまっちさんが土曜日深夜に入ります

 

ゲイバーの求人情報

AshuraBarでは現在、下記シフトで求人を募集してます
初心者でも丁寧に指導します

条件:20代から30代前半の男性

場所:上野店

時間帯:応相談

アルバイト希望の方は下記メールアドレスまでプロフ、写真を添付の上、応募くださいませ

info@ashurabar.com

 

ウイスキーバナー

 

LGBT セカンドライフ

「LGBT セカンドライフ」第六十三回目です。
こちらでは、会社を辞めてゲイバーを始めた僕の日常を書いていきます。

今回は「ゲイバーの意義」について書きます。

お店を開いてからずっと思ってることがあります。
なんで「ゲイバー」はただの「バー」じゃなくて「ゲイバー」なのか?

ただの「バー」のオーナーだったら誰に話しても驚かれません。
しかしながら「ゲイバー」のオーナーというのは変わってきます。
ノンケの友達や家族、親などみんな驚きます。

であれば「バー」を開けばいいじゃないのか?と
思う時があります。
特にうちのお店は上野は女性は入れないので(ビルの規定)
メンズオンリーですが
新宿は女性も入れるので「ゲイバー」と限定する必要もない気がします。

でも僕は「ゲイバー」としてバーを運営することにものすごい意義があると思います。
それはゲイが他の大人数のゲイと普通に会話したり交われる場所だからです。
「発展場」のセックスに特化したつながりや「アプリ」の1対1のつながりではなく
普通にゲイが会話で来て大人数の他のゲイと関われる場所があるというのが
大事だと思います

それがあるからこそ「ゲイ」がゲイのアイデンティティを確立できるのでは?と思います

「ゲイデビュー」の話を良くすることがありますが
僕はゲイがゲイとして自分を認める瞬間は初めてセックスしたときではなく
「ゲイバー」のようなコミュニティに来て自分以外にも同じ境遇の人は沢山いるんだ
自分はゲイなんだと自分で認めた時だと思います。

長々と自分の意見を書きましたが
これからもゲイバー経営頑張ります。

新コーナーです。こちらでは「AshuraBar」のセールスポイントを毎回紹介しようと思います。

第六十三回目は「新宿店3周年パーティー」についてです。

いよいよ今週金曜日から周年パーティーです。

5月12日(金)20時から
スタッフは、健一、あきちゃん、のぶりん、らんこさん、おたかさん

土曜日朝は、ももくまさん、みなみさん、はるこさん

5月13日(土)20時から
スタッフは、健一、前田さん、ちばさん、けいたさん、だいきくん、かずのりくん、おたかさん

土曜日はエスムラルダさんのショーもあります
先着100名様にキーホルダー贈呈します

飲み放題3500円、出入り自由。

是非、気軽に来てくださいませ。

AshuraDIVA

【上野店】ライブダムスタジアム「上野ヒットスタジオ」
1位はひろくんでした。得点は97.318点、歌は「青春の影」でした。

【新宿店】ジョイサウンドマックス「カラオケビシャモンテン」
1位はのりさんでした。得点は94.604点、歌は「世界の国からこんにちわ」でした。